個人的な動機の集合が業界全体のDXに繋がるケースについて

個人的な動機の集合が業界全体のDXに繋がるケースについて

「もっと楽して生きていきたい」というモチベは、創意工夫をするので、共感する人も多いですね。一方「楽して儲けたい」はサボり癖に繋がるので、まともな人なら誰も共感できないですね。「楽して生きていきたい」がDXに繋がったりもするわけです。

パキスタンに住んでいた時に、リープフロッグ現象を目の前にした時に実感しました!逆境が多い人が多くいる場所の方が「もっと楽して生きていきたい!」という思いになりやすく、共感する人も集まりやすく、DXが進んだりするわけですね。

パキスタンは特にデジタルネイティブのZ世代が多く (総人口の30%)、その中でも女性は前の世代よりも社会的に活躍したい人が爆増しています。より世界をリーディングする存在になりそうで期待しています。個人的にはパキスタンで出会った女性の知り合い数名が起業して事業を軌道にのせているというのを聞くことが増えてきたので嬉しいです。


ブログに戻る